ネット通販で大丈夫なの?初心者にオススメのギターの買い方はコレ!

 
Pocket

こんにちは。

ギター大好きサラリーマンの四七廉太郎(よなれんたろー)です。

ネットでモノを買うことが当たり前になった昨今、ネットショップで購入を確定することを「ポチる」(決済ボタンをポチッとクリックする様を表す擬態語)と表現するように、購買活動の容易さはみるみる向上しています。

ギターに関しても例外ではなく、もはや「ギター」と検索するだけでギターの通販サイトが表示されるほど。

むっちゃ便利なネット通販、はたしてギター購入の際にも使えるんでしょうか。

それとも、楽器屋さんで現物をみて選ぶべき?

結論から述べると、「初めの1本にネット購入はやめとけ!実店舗に行って!頼むから実店舗に行って!」というのが私の意見です。

今回は、初めてのギター購入場所をネットにするか実店舗にするかでお悩みのあなたに向け、ネット購入のメリットデメリットをもとに、上記の私の意見の根拠をお話したいと思います。

ネット通販のメリット

まずはギターをネット通販で購入することのメリットから、いくつかのポイントに分けてご紹介していきましょう。

楽器店まで行かなくていい

ネット通販、ひいてはネットを使った活動の最大のメリットはこれではないでしょうか。家にいながらにして世界と繋がれる。外に出なくても社会的な活動ができる。

ネットを使えば、お風呂に入りながらでもトイレでうんこをしながらでもギターを買うことができます

電車賃もかからないし、持って帰る労力もかからないのでめっちゃ楽チンですね。

ギターの選択肢が増える

楽器屋さんに置いてあるギターは、せいぜい数百本。スペースの都合もありますから、それは仕方のないことです。

ネットであれば、それこそ無限の選択肢からギターを選ぶことができます

「ギター 通販」で検索すれば検索結果がずどーーーん。

「ギター 初心者 おすすめ」で検索すれば、初心者にオススメのギターがずどーーーん。

知りたい情報に瞬時にアクセス。ワールドワイドウェブの真髄ですね。

より安く購入しやすい

世界中の在庫品から選択できますから、例えば同じモデルであっても比較対象があたくさんあり、少しでも安いショップから購入することができます

実店舗ですと、気に入ったモデルを見つけて別のお店と比較するために自転車を走らせて、また別のお店と比べて…って気が遠くなりますね。

文明を制すもの、財政を制す。

ネット通販のデメリット

これだけのメリットがありながら、それでもなお私がネット通販をオススメしないのには、もちろん理由があります。ひとつずつみていきましょう。

現物を確認することができない

「実際に店舗に足を運ぶ必要がない」というネット通販のメリットの裏返しですが、やはり現物を実際に目で見て手で触れて確認することができないというのは、非常に致命的なデメリットです。もちろん、写真や動画などで、だいたいの見た目やサイズ感、音などを確認できますが、実際に購入して届いてみると「なんか思ってたのと違う…」ということもありえます。

この理由は、写真や動画で完璧なイメージを把握するのが難しい、というのもありますが、それだけではありません。多くのギターは木製なので、同じメーカーの全く同じモデルであっても、個体差があるんです。複数の在庫のあるモデルの場合、サイトのイメージ画像・動画として載っている個体とあなたのお家に届く個体とでは、木目や音のニュアンスが全く違うということもあり得るんですね。

それに、なんといっても実際に実物を見て手にとってみて初めて湧き上がってくる感情というものが間違いなくあります。「うお〜〜、このギター欲しいぃ〜〜!」みたいな強烈な感情は、やはり現物と出会ってこそ

そうした感情の末に購入したギターは、やっぱり愛着がすごく湧くんですっ!

この第六感的チョイスができないというのは、ネット通販の大きなデメリットです。

詳しい人と相談しながら選べない

初めてのギター購入という方の場合、どんな基準で選べばいいのかわからず不安ですよね。その不安を解消するためにこのページにたどり着いていただいていると思うんですが笑、これも所詮ネット上の情報ですから、あなたにフィットしたご助言なんてのはできません。もし仮に、身近にギターに詳しい人がいたとしても、スペックやイメージ画像だけをもとに「このギターがお前には合うよ」とアドバイスできる人はほとんどいないと思います。

実店舗なら、「声かけられたらどうしよう…」とビクビクしないといけないくらい、店員さんの方から相談に乗ってくれます。やはり、専門知識を持った人に相談に乗ってもらいながら選んだほうが失敗が少ないです。

このように、一緒にギターを選んでくれる人がいないのも、ネット購入のデメリットです。

ネットオークションは?

ネット購入のなかでも、特に安価でギターを手に入れやすいネットオークション等での中古ギター購入。安く買えるというメリットに対し、どのようなデメリットがあるんでしょうか。

それは、中古楽器の状態の見極めは実物を見ないとほぼ不可能だということです。いや、そらプロならできるかもしれません。けど、僕らはプロじゃないんで、できません。もしあなたがプロだったらすみません。

ギターの抱えている問題は、外見だけではわからないもの。手にとって弾いてみて初めて「あれっ、なんじゃこりゃぁ〜!」ってなこともありえます。

ネットオークションやフリマアプリだと、ほぼ確実に「ノークレームノーリターンでお願いします」的な文言が書いてあると思います。届いたら最後、返せません。

しっかりと演奏したい楽器を個人間のオークションやらフリマやらで購入することは、トラブルのモトです。

もし100歩譲るなら、中古専門店の通販サイトから購入するのはまだアリだと思います。そうしたお店のギターはしっかりと整備されている可能性が高く、購入後も一定の保証期間が設けられている場合が多いからです。

まとめ

ここまで、ネット通販のメリットデメリットについて見てきました。

これまでの話をまとめますと、

ネット通販のメリット

・楽チン

・選択肢が無限

・安く買えるかも(オークション等の場合特に)

ネット通販のデメリット

・イメージとのズレが生じる可能性がある。第六感を働かせた選択ができない

・詳しい人の助言を受けられない

でした。

こうしてみてみると、ネット購入のメリットは「購入までのステップを有利に進める」ためのものだということがわかります。反対に、デメリットは「購入後にじわじわ響く」ものですね。

ギターはそう頻繁に買うモノではありませんから、購入時に少々面倒を感じたとしても、後々に「この子を正解だったなぁ〜」と思えた方が良いと思うんです。

これが、冒頭で私が「ネットでの購入はやめとけ!」と言った理由です。ただ、今後VRがどんどん発展して、家にいても実物のギターを手に取れるようになったら、この状況も少し変わるかもしれませんね。

この記事があなたのお悩みを解消するきっかけになりましたら幸いです。

それでは、今回も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

引き続き、一緒にギターを愛していきましょう!

 

関連ページ