初心者がギターを始める際に揃えるもの!アコギ・エレキ両方解説!

 
Pocket

こんにちは。

ギター大好き会社員の四七廉太郎(よなれんたろー)です。

さぁ、ギターをはじめよう!という思いの冷めぬうちにすぐギターを用意した!

しかし…ギター以外にも必要なものがあるんか〜〜〜い!

このショックでギターを挫折してしまう方を生まないために(そんな人いるんか)、この記事では「ギターを始めたいなら最低限これはそろえておきましょう!」というアイテムをご紹介します。

初期投資が大きくかかってしまうと何となく気分がゲンナリするので、あくまでも必要最低限にギュギュっと凝縮しています。

これを読んで楽器屋さんに行って帰ってくれば、ギターが始められます笑

では、みていきましょう。

アコースティックギターの場合(エレアコを除く)

アコースティックギターは、通称アコギとも呼ばれます。箱に棒がついてて鉄の糸が張ってあるといった風貌のギターです。

演奏に電気等が不要なため、必要なものは非常に少ないです。

・ピック

・チューナー

これさえあればバッチリです。

ピック

ピックというのは、指の代わりにギターの弦をジャンジャカやるためのプラスチック製の薄い板のこと。ギターは指弾きもできますが、ジャカジャカっと弾くときには、指や爪を痛めないようにピックを使うことが多いです。

値段は100円前後が主流。ギターを買うときに店員さんにお願いすると、オマケで付けてくれることもあったりします。ダメもとで頼んでみるのも良いかもしれません。

おにぎり型としずく型がありますが、私はしずく型のピックが好きです。なんか形がかっこいいし、持っていて邪魔に感じないからです。

一般に、おにぎり型は「トライアングル型」、しずく型は「ティアドロップ型」と呼ばれます。英語名での呼び方のカッコ良さも、しずく型の圧勝ですよね笑

硬さも色々あるんですが、まずは「midium」っていう硬さがオススメです。0.7mmくらいの厚みです。ほど良くしなり、ほど良く反発してくれる。良いヤツです。

ピックについては、以下の記事もご参考になさってください。

ギターのピックってどこで買える?代用品と裏技についてもご紹介!

チューナー

ギターは、演奏前に毎回音程のチェックをしてあげなきゃいけない楽器です。この音程のチェックのことを「調律」もしくは「チューニング」と呼びます。

ピアノは年に数回、調律師さんにチューニングしてもらいますが、ギターは毎日、あなた自身の手でチューニングをしてあげるんです。そのための便利グッズが、チューナーです。

ギターから出ている音を認識して、正しい音程に合わせられるまで「もうちょい高く、もうちょい。あ、高くしすぎ!もうちょい低く…そこ!」みたいな感じで教えてくれます。

絶対音感の持ち主なら不要なんでしょうが、そうでない方は、これから絶対音感を手に入れるよりはチューナーを手に入れる方が簡単なので、チューナーを買いましょう。

この「音の高さを認識する」仕組みで大きく2種類に分けられます。

・マイク式

箱型のチューナーにマイクがついていて、そこで音を認識してくれます。

メトロノームまで内蔵してくれているものもあります。

スマホのアプリでもギター用のチューナーが提供されていますが、このタイプに分類できます。

・クリップ式

ギターの頭に取り付けて使います。洗濯バサミみたいな感じです。

仕組みがすごい。なんか、弦を鳴らしたときのギターの振動を手がかりにして音の高さを認識してくれるんです。開発した人の頭はどうなってるんでしょう。

周囲の雑音等に影響されませんから、たとえばニューヨークの地下鉄のホームで路上ライブをする際にも使えます。貴重品には注意してください。

私はこのタイプのチューナーをよく使っています。ニューヨークには行ったことすらありません。

弦ってやつは、予期せぬタイミングで切れます。練習中に初めて弦を切ると、しばらく沈黙の時間が訪れます。シンプルに、びっくりするからです。

切れなかったとしても、古くなって音が濁ってきたり、何となく気分転換したくなったときには新しい弦が必要になります。

切れてから買いに行くのもめんどくさいので、最初に買っておきましょう。

いろんな太さがありますから、店員さんに相談してみるのが良いと思います。

エレキギターの場合

エレクトリックギター 、通称「エレキギター」は、電気を使って演奏する楽器です。そのため、始める際に必要なものはアコギの場合よりも多くなります。

アンプ

簡単にいうと、ギター用のスピーカーです。エレキギターは、ギター本体から出る音がそれほど大きくないので、アンプというスピーカーにつないで音を増幅させるんです。

初めてエレキを触った人は、アンプにつないでいない状態で音を鳴らすと、絶対にびっくりすると思います。「え、こんなしょぼい音しか出ぇへんの!」みたいな。ほんまにしょぼい音しか出ません。シャンシャンシャーン、みたいな。

なので、エレキギターを弾くならアンプは必須!2人で1つやと思ってください。もちろん、アンプにヘッドホンをつなげば周囲への騒音も気にしなくて大丈夫です。

アンプにもいろんな種類がありますが、オススメは「VOX」というメーカーの「pathfinder10」というアンプです。なぜか名前までしっかり覚えています笑

高校1年生の夏に初めて買ったアンプで、いまなお使っています。5000円くらいで買えて、音をぎゅわぁぁぁんと歪ませる「オーバードライブ」というエフェクト機能もついているので、めっちゃお買い得。

机の上に置けるようなミニサイズのアンプも売っていますが、どうしても音の迫力に限界がありますから、あまりテンションが上がらずオススメしません。インテリアとしてはめっちゃ良いんですけどね。ふとした瞬間に衝動買いしそうになります。

シールド

アンプとギターとを繋ぐケーブルです。ギターを買うときにおまけしてくれるかもしれません。ただ、あまりにも安いものだと断線(ケーズルの中で電線が切れてしまって音が出なくなること)が起こりやすかったりもするので、2000円くらいのものを買っといたほうが良いかもしれません。長さは3mあれば充分です。1mだとちょっと短いかな。

ピック

チューナー

替えの弦

この3つに関してはアコギと同様です。

後々必要になるもの

ギターケース

ギターを買うと、ギターケースはついてきます。さすがにお客さんにギターむき出しで持って帰らせるわけにはいきませんからね笑

とはいえ、頻繁に持ち運びをするようになると、安めの価格帯のギターについてくるケースはめっちゃ頼りない!なんていうかこう、レンタルCDショップの袋みたいな。ペラッペラの麻袋みたいな感じなんですよね。ビリッといきそうな不安もありますし、バキッといきそうな恐怖もあります。

てなわけで、ちょっと丈夫目なケースが欲しくなります。

ケースの種類と選び方については、こちらの記事がご参考になるかと思います。

リュック?手持ち?ソフト?ハード?ギターケースの種類と選び方

ストラップ

立って弾くときに必要です。別に立たなくても良いんですが、立ちたくなるタイミングがくる可能性は充分にあります。

材質も長さも値段も色々何ですが、私はまぁオーソドックスにフェンダーの2000円くらいのやつが好きです。値段は上がりますが、革製のストラップにも憧れますねぇ〜

まぁ最低限こんな感じです。ギター本体の選び方については、こちらの記事をご参考になさってください!

まとめ

今日は、ギターを始めるときに最低限揃えるべきものをご紹介してきました。

アコースティックギター

・「ピック」「チューナー」「替えの弦」

エレキギター

・「アンプ」「シールド」「ピック」「チューナー」「替えの弦」

その後、なんやかんや必要に応じて

「ギターケース」「ストラップ」など

まぁ、最初からモノを揃えようと頑張りすぎないほうが良いです。お金がかかったという心理的負担間とモノが揃ったという物質的充足感の合わせ技で、急にギターに飽きてしまう可能性がありますので笑

足りないくらいがちょうど良いんですね。何事も。イマジネーションは飢餓感から生じるもんです。

今回も、最後までお読みいただきありがとうございました!

引き続き、一緒にギターを愛していきましょう!

 

 

 

関連ページ