リュック?手持ち?ソフト?ハード?ギターケースの種類と選び方

 
Pocket

こんにちは。

ギター大好きサラリーマンの、四七廉太郎(よなれんたろー)です。

街中でよく見かける、ギターを背負った人たち。「俺のギターについてきたケースって、もっとペラッペラやねんけど…」「みんなギターケースってどうやって選んでるんやろ?」と疑問を感じられたことはありませんか。

実は、ギター選びに基準があるのと同様に、ギターケースの選び方にもコツがあります

「みんなが持ってるのって、なんとなくこんな感じのケースやったよな…」ってな感じで明確な基準なく選んでしまうと、「うわっ、全然使えへんやん!買い直さなあかん…」ということになりかねません。

そこで今回は、ギターケースの種類と、選ぶ際に意識するべきポイントを解説します。

種類

ソフトケース

新品5万円くらいまでの価格帯のギターを買うとついてくるケースが多いケースです(ややこしいっ!)。レンタルCDショップの袋みたいな感じの材質で、非常に軽いうえに、使わないときには丸めておけます。よって、機動性・収納性が抜群なのが特徴です。

この動画では手作りしてます!すごいですよね。これはウクレレですが、サイズが大きくなればギターと一緒です。なお、私はこの動画を観て、スロバキア語の可愛さを知りました笑

ハードケース

10万円くらいからの価格帯のギターを買うとついてくることが多いです。硬いので、保護性の観点では最強。持ってみると、びっくりするくらい重いんですが、それもそのはず、こいつは木製です。中身は起毛素材でふわふわなので、触っていると時を忘れられます。しっかりした高級感のある作りのものが多いため、「資産としてのギターを所有している」感が得られるのが特徴です。

また手作り動画キターー!なんでも作れるんですね。素敵です。

ギグバッグ

重すぎず軽すぎず、「分厚いソフトケース」といった見た目のケースです。私が小学校のときに使っていた裁縫道具入れと同じようなニュアンスを感じます。ギターに付属されていることはあまりなく、別売りされている場合が多いです。ポケットが充実していたりネック保護ベルトがついていたり、各メーカーの遊び心・こだわりが最も発揮されやすい気がします。ちなみに、ギグバッグの「ギグ」とは、小規模なライブのこと(an event where a musician or band is paid to perform)。「ほなギター背負って一発弾きに行こか〜」といった雰囲気のケースです。

買いたてほやほやのギグバッグを紹介してくれています。背後に微かに小鳥のさえずりが聴こえて心地よく、なんか中毒性のある動画です笑

セミハードケース

ギグバッグに近いですが、もう少しハードケース寄りなのがこのタイプです。見た目は布ですが、触ってみると意外に硬くてびっくりします。ハードケースは木製でしたが、こちらは硬質ウレタンが中に入っていることが多いです。そのため、硬さと軽さの両立が実現されています。安心感と持って行きやすさが高水準で両立されているタイプといえますね。

この通り、ぶん殴っても安心です。

選び方

ギターを弾くシーン

ケース選びの基準として、まず1つめは「主にどこでギターを弾くのか」です。

家で弾くのがメインなら…

家弾きがメインであれば、買ったままのケースでも問題ないかと思います。

持って移動することがないので、衝撃が加わる恐れもありませんし、持ち運びに際しての負担も考えなくて良いためです。

なんなら、ギターケースよりも、ギタースタンドの方がいいかもしれません。弾きたくなったときにすぐに手に取れるし、なにより「部屋にギターがいる」感がすごいです。嬉しくなります。1000円未満で買えるものも多く、私が使っているスタンドも、500円で買いました。

家弾き系ギタリストなら、あえてケースを買わなくてもええんちゃうかな、と思います。場合によっては、スタンドを購入することも検討してみてください。

持ち運びを頻繁にするなら…

外にギターを連れて行って弾く機会が多いかたには、セミハードもしくはギグバッグをおすすめします。

どちらも持ち運びに便利で、保護性にも優れているからです。また、防水機能がついていたり、弦やピックなど小物の収納に便利なポケットがたくさんついていたりするものも多いです。総じて、「外に持ち運んで弾く」ということを意識した機能が充実しているといえます。

移動手段として電車やバスなど公共交通機関をよく使うなら、ギグバッグの方がいいかもしれません。かさばりにくく、前の座席との間に挟み込みやすいからです。

よく物にぶつかるかたには、セミハードケースがおすすめです笑

よりハードケースに近いこともあり、頑丈さ・安心感があります。特にアコギはエレキよりも衝撃に対して弱いので、ケースの頑丈さは重要です。

ちなみに、私は電車移動がメインですがセミハードケースを使っています。これまでブロック塀や標識などいろんなものにぶつかってきましたが、傷ひとつなく守ってくれています。

外にガンガン持ち運ぶ機会が多い(多くなりそう)なら、セミハードケース・ギグバッグをおすすめします。

持ち運びを頻繁にするけど車移動がメインなら…

外に持ち運ぶ手段として車を使うことが多いなら、ハードケースも有力です。

車に乗せてしまえば重さも問題になりませんので、丈夫さ・安心感を重視するならハードケースが一番です。

ツアーに頻繁に出るバンドマンで、機材車を持っている人たちはハードケースを使っている場合が多いようです。

形(大きさ)

使うシーンが決まったら、ご自身のギターの形状を再確認してください。

実はアコギには大きく分けて2パターンの形状があり、ギターケースもそれに合わせて作られているからです。先に「使うシーン」を考えたのは、今回の買い物の目的を明確にするためです。「自分のギターが収まるか」を最初の基準にしてしまうと、使用目的とズレた選択をしてしまう恐れがあります。まずは大元の目的を意識したうえで、各論を詰めていきましょう。

アコースティックギターの形状2種類とは、「ドレッドノート」型と「フォーク」型です。大事なのは、「ドレッドノートはフォークよりデカい」ということです。つまり、フォーク型用のケースにドレッドノート型のギターは入りません。逆はイケることが多いです。ご自身で判断がつきにくければ、誰か頼れる人に相談してみましょう。ギターを写真に撮って、ギターに詳しい友達や楽器屋の店員さんに教えてもらうと良いかと思います。

アコギには2種類の形があることを理解してください。不安なら、写真を撮って店員さんに確認してみましょう。

値段

用途、形が決まったら、価格帯を考えましょう。

あえて高いものを買う必要はありませんが、頻繁に買い換えるのももったいないので、ある程度しっかりした作りのものを選びたいものです。

チェックポイントは

「ファスナーの開閉がスムーズか」

「肩かけベルトの縫い付け部分がほつれていないか」です。

同じような機能なら有名メーカーの製品の方が値段が高くなる傾向がありますので、あまり有名でないメーカーのものを見てみるのもおすすめです。1万円も出せばそこそこ良いものが手に入ります。ちなみに私の使っているケースも1万円ほど。初めは「ケースに1万円はもったいないような…」と思っていましたが、やはり機能性・持ち運びの利便性には替えられません

予算に無理のない範囲内で、「長期間使うもの」という視点で検討してみてください。

色・見た目

見落とせないのが、ケースの見た目です。

ギターケースを持っている人は、ぶっちゃけ目立ちます。遠目からでも「あ、あの人なんか担いでるな」と分かるくらいには存在感があります。ファッションの一部だと捉えて、あまりにも野暮ったすぎるものは避けましょう。

ちなみに、私はファッションへの配慮が著しく欠如しているので、あまり気にせずに買いました。でも、たとえば変なスイッチがあちこちについていたり意味のわからない英文字が所々に入っていたりするようなものは嫌です。

このへんは人それぞれですが、個人的には、奇抜なものよりシンプルなものの方が汎用性高く長く使えるかなと思います。社会人なら、スーツ姿で背負うこともありますしね。

ギターと一緒にお出かけしたくなる、気に入った見た目のものを選びましょう。個人的には、素朴こそ至高だなと感じます。

ポケット

収納性も考慮しておきましょう。

この優先度が低いのは、まぁ別にカバンを別持ちするなり、収納に関しては色々と手段はあるからです。

とはいいつつ、やはり大容量のポケットは便利です。私の使っているケースには、フロント(バックかな?)部分にマチの大きなポケットがついています。楽譜やピックはもちろん、本やパソコン、なんなら着替えも入ってしまいます。ちょっとした旅行なら、このケースだけで対応できるかと思います。

余裕があれば、ポケットの容量にも考慮してみてください。

まとめ

ここまで、ギターケースの種類と、選ぶ際に意識するべきポイントを解説してきました。

おさらいすると、

・ギターケースには「ソフト」「ハード」「ギグバッグ」「セミハード」の4種類がある

・ケース選びのポイントは「使用目的」「形」「価格」「見た目」「ポケット」の5つ

でした。

これらを知ることで、あなたにぴったりのケースを見つけることができます。

お気に入りのケースに出会うことで、ギターに触れ合う機会が一層増え、さらにギターを楽しめるようになるはずです。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

引き続き、一緒にギターを愛していきましょう!

関連ページ