【ぼっち全肯定】社会人の趣味にはギターがオススメ!理由7連発!

 
Pocket

ようこそお越しくださいました。

サラリーマンしつつギターを弾いて作詞作曲しています、四七廉太郎(よな れんたろー)です。

社会人になって趣味がないねんよなぁ…とお悩みのあなた。

ギターって趣味としてどうなんやろ、とお考えのあなた。

ギターは、社会人の趣味として最強です。悩んでる時間がもったいないです。

この記事を読んで、とっととギターを始めましょう。楽しい社会人生活が待っています。

この記事では、社会人の趣味としてギターがオススメな理由を7連発でお伝えしたいと思います。一気に読んで、さっさとギターを買いに行ってください!

とりあえず可愛い

いきなりヤバめな感じですが、ひかないで。弾くのはギターだけで十分です。わはははは!

ギターは、所有してみるとわかるのですが…可愛いんです。

楽器屋さんに並んでる姿はただの木の箱です。なのに弾き続けていると、どうしたわけか、自分のギターだけは可愛く見えてきます。

これはおそらく、「苦楽を共にし、一緒に成長している」からです。

初めて楽器屋から持って帰った日の、抑えきれない嬉しさ。コードが押さえきれないときの言いようのないもどかしさ。練習していたフレーズが弾けるようになったときのはじけるような喜び。

これらを誰よりも先に、誰よりも近くであなたと共有しているのが、あなたのギター です。

そうやって弾きこんでいくにつれて、あなたのギターテクニックが上達するのと同様に、ギターの音も良くなっていきます

具体的に言うと、音量が出やすくなり、響きがふくよかになります。これは、弾き続けるうちにギター が振動し、木の中に含まれていた水分が抜けるからです。水分が抜けて空洞になった部分にも音が共鳴することで、音が良くなるというわけですね。

ついでにいうと、練習中あなたはギターを抱きしめています。そらもう、愛着わくに決まってますわな。

苦楽をともにしながら一緒に成長できる。

友達も恋人も不要。寂しい社会人にはぴったりです!

一人で練習できる

忙しい社会人には、集団で行う趣味は不向きです。スケジュールを合わせるだけで大変ですもん。

本格的な鬱状態になると、参加しにくくなりますしね。メンバーの参加具合にも左右されますし。

その点ギターはいいですよ〜。たたみ1畳のスペース、我が身ひとつあれば可能。

ガッツリ落ち込んだときでも、いや、思いっきり落ち込んでるときこそ、ギターが心の安定をもたらしてくれます

集団でワイワイやってるパリピを尻目にひっそり楽しめる趣味。これがギターのいいところです。

どこでも練習できる

練習の場所を選ばない。これも、社会人の趣味としてギターをオススメする理由です。

基本的に中〜高音域の楽器なので、一定の配慮をすれば自宅でも練習可能です。

また、持ち運びも極めて容易なので、天気がいい日は外に連れて行くこともできます

私は、静かに指弾きを練習するときは家で、ジャカジャカ掻き鳴らしたいときはカラオケ屋さんに連れて行っています。

▽お家でジャカジャカ引くための方法はこちら

「うるさいぞ!」マンション・アパート住まいのアコギ 弾き【消音法】

▽カラオケ屋さんでの練習を快適にするための方法はこちら

 

練習場所の選択肢が多い、というのは、忙しい社会人にとって好都合。

脳みそ強化

ふくらはぎは第2の心臓、って聞いたことありますか。

それと同様に、手は第2の脳、と言われます。ほんとですよ。

指をぐるぐる回して集中力を高めたり、脳トレにあやとりを使ったり、ありますよね。指先を使うことで脳みそが活性化されるんです。

ギターは思いっきり指先を駆使する楽器ですから、脳みそ強化に役立ちます。

聞いた話によると、日本の社会人の平均勉強時間は1日6分だとか。どんどんアホになりますから、ぜひギターを弾いて楽しみながら脳を鍛えていきましょう。楽しくボケ防止!

趣味はなんですか?を的確に打ち返す

「今日はいい天気ですね〜」と同じくらい何気なく交わされる「趣味はなんですか?」という質問。無邪気な悪意を感じるかたもいるのでは。

てきとーに「ど、読書とか結構好きですね…」とか言っちゃうと、「最近どんな本読んだんですか?」って追及されます。それも無邪気に。これは苦しい!

その点ギターは最強です。

「ギター始めたんですよ〜」って言いますよね。

すかさず「えー、どんな曲弾くんですかぁ〜?」って訊かれますよね。

ひるまなくて大丈夫。

「いやー、まだ練習中なんで」

これで終わらせることができます。

で、ほんとに練習し続けて、しれっと上手くなっておきましょう。

ぶっちゃけ飽きてもダメージ少ない

こんなこと言うのもアレですが、ぶっちゃけ飽きても「まぁそんなもんか」って感じで済ませられるのもギターのいいところです。

ピアノとか水上バイクだと、初期投資がエグいです。そのぶん、飽きた時の「やっちまった…」感が甚大。まぁ売れますけどね。なんで水上バイクを例に出したのかわかりませんが。

その点ギターは優秀!新品でも1万円で買えるので、まぁそこまで罪悪感もないでしょ。

処分も比較的簡単ですし、家に置いといてもそこまでスペース取りませんしね。

自己表現を手伝ってくれる

会社で自分の意見をはっきり言えますか?

まぁ少なくとも、学生時代ほど思い切り良く感情表現をする機会は減っているのではないでしょうか。「ぎゃーー!」とか叫びながら走り回りませんしね。

そんなあなたでも、ギターを持てば別人です。

思いっきり弦をぶん殴ってもいいし、ギャーギャー騒ぎまくってもいい。

実際、私は仕事帰りに毎日カラオケに転がり込んで、ギターをシバき倒しながら声を枯らしていた時期が3ヶ月ほどありました。

日付の代わり際にガラガラの喉をヒューヒュー言わせながら歩いた帰り道は、私にとってサイコーに生きがいでした。

解き放て!あなたの感性。

まとめ

ここまで、社会人の趣味としてギターが最強な理由を7つ並べたてました。

一応おさらいしておくと、

・ギターは可愛い

・ぼっち歓迎

・省スペースOK

・痴呆防止

・「趣味なに?」対策

・3日坊主でも被害少

・野生に戻れる

でした。端的にいうとね。

これであなたは迷いなく、ギターというキングオブ趣味に取りかかることができます。

で、ガッツリ上達してマジの趣味にしていくことができます。

ギターにハマると、人生マジで救われますよ。私もギターに救われた一人です。

「会社での俺はほんまの俺じゃない…!」と唇を噛みながら帰路についている冴えないサラリーマンの同士!

僕と一緒に、ギターに頼りましょう。ほんとのあなたは、ここにあります。

そんな感じで、一緒にギター を愛していきましょう!

最後までお読みいただきましてありがとうございました!

関連ページ