初心者がギターを買うなら初心者セット?単品?オススメはこっち!

 
Pocket

こんにちは。

ギター大好きサラリーマンの四七廉太郎(よなれんたろー)です。

さぁ、これからギターをはじめよう!という初心者の方がおもちのお悩みとして、「初心者セットってどうなんやろ…」というものがあるかと思います。

私もそうでした。雑誌とかに載っている初心者セットって、色んなグッズが揃ってるうえに値段も安いし、いや、でもこんだけ安いっていうのは逆に不安やな…みたいな。

結論から言うと、私は初心者セットはオススメしません

理由が気になりますね。

そこで今回は、「ギター初心者セット」のメリット・デメリットと、私が初心者セットをオススメしない理由をご紹介します。

初心者セットの中身とメリット

お店やメーカーによって初心者セットの中身は様々ですが、とりあえず

「アコギ 初心者 セット」「エレキ 初心者 セット」

でそれぞれ検索し、一番上に出てきたページをクリックしてみました。

アコギ初心者16点セット(13,980円)

・ギター本体
・チューナー
・ギタースタンド
・ストラップ
・ワインダー
・カポタスト
・ピック
・ピックケース
・クロス
・ポリッシュ
・潤滑剤
・ポイントクリーナー
・教則本
・替えの弦
・ハーモニカ
・ソフトケース

エレキ初心者9点セット(12,600円)

・ギター本体
・ミニアンプ(乾電池式)
・シールド
・チューナー
・ピック
・ピックケース
・ストラップ
・ソフトケース
・教則本

この中から、最低限必要な品目とその相場を抜き出すと以下のようになります。

アコギ

・ギター本体(安いモデルで10,000円)
・チューナー(1,000円)
・ピック(100円)
・変えの弦(500円)
・ソフトケース(ギターに付属)

計11,600円

エレキ

・ギター本体(安いモデルで10,000円)
・アンプ(5,000円)
・シールド(1,000円)
・チューナー(1,000円)
・ピック(100円)
・変えの弦(500円)
・ソフトケース(ギターに付属)

計17,600円

こうしてみてみると、アコギの初心者セットに関しては、ちょっとカオスなくらい色んなものがついてますね笑

ただ、単品で買い揃える場合に2,000円ほど追加するだけでハーモニカをはじめとした11点がプラスされるわけですから、ふつーにお得です。エレキ に至っては、品目が多いのに値段は安いという逆転現象が起こっています

また、不慣れな楽器屋さんであれこれ選ぶのは時間もかかるし気疲れもしますよね。とりあえずこれさえあれば!というものをサクッと揃えられるという手軽さも見逃せません。

コスト面でかなりお得な場合が多く、買うもの選ぶ労力を削減できるという点が、セット購入のメリットだと言えます。

初心者セットのデメリット

一方で、セットを購入する際のデメリットもあります。「無駄なものが入っている」というのもありますが、一番大きいのは「ギターを自分で選べない」ということです。

これはめっちゃでかいデメリットです。

なぜなら、「一緒に練習を頑張るギターを気に入っているか否か」は練習のモチベーションに直結するからです。

値段が一緒のギターであっても、自分が手にとって選んだギターとそうでないギターとでは、やはり愛着の強さが違います。

気に入っているかどうかは、練習が長続きするかどうかにも関わります。

なので、長い目で見れば、自分の気に入ったギターを買う方が良いと思うんです。

これが、私がセットでの購入をオススメしない理由です。

付属品のセット販売はアリかも

ギター本体以外の付属品のみをセットにしたものも売られています

こちらについては、購入してみるのもアリかなと思います。理由は、このセットの中身の多くはピックや弦などの消耗品だからです。長く一緒にいることになるギター本体と違い、消耗品は文字通り消耗しますから、練習を続けるうちに買い換える必要が出てきます。

なので、自身にあったものを選ぶ上での最初の基準として、安価に満遍なく品目が揃うセットを買ってみるのは良いんじゃないかなと思います。しつこいようですが、あくまでも消耗品に限った話です。

 まとめ

ここまで、ギター初心者セットの是非について考えてきました。

・セットのメリットは、出費と選択の労力が減らせるということ。

・デメリットは、ギター本体が選べなくてモチベーションに影響すること。

付属品のセットは買ってみてもいいかな、という気がする。

という感じでした。

繰り返しますが、大切なのは好きなギターを選ぶことです。

気に入ったギターと一緒に練習する喜びは、何者にも変えがたいものがありますよ〜。

それでは、最後までお読みいただきましてありがとうございました。

引き続き、一緒にギターを愛していきましょう!

 

関連ページ