「うるさいぞ!」マンション・アパート住まいのアコギ 弾き【消音法】

 
Pocket

ようこそおこし。

インフラ企業でサラリーマンをしつつホンマはギター講師を目指してる、四七廉太郎(よな れんたろー)や。

ギター ってのは弾いてる本人は楽しいもんやけど、周りで聞いてる人にとったらイラつく可能性もあるやんな。時間帯とか場面によっても、ギターの音がご近所迷惑になったりする。「いつも苦情言われへんし、今日も大丈夫やろ」ってのは甘すぎる考え方や。むしろ、「言葉にせぇへんけど内心ストレス溜まってる」ってパターンもあるから要注意やで。下手したら刺されるかもな。

趣味に没頭するなら、周囲への配慮は不可欠。けど、なかなか良い方法が思いつかんもんや。防音室を作ったりいつでもスタジオで練習したり、ってのは金持ちの戯言。実は、ギターと小道具にちょっとした工夫をすることで、結構な消音効果が期待できるもんやねん。この方法を知ってれば、ギターの練習不足によるフラストレーションが軽減できる。ご近所さんのストレスも解消できる。結果として、あなたの命を守ることにつながるんや。

この記事では、集合住宅在住アコギ練習者に向けて、消音テクニックを3つ紹介していくで。今回の記事を参考に、ぜひ長生きしてほしいもんや。

ほないきましょか。 

消音器を使う

音を小さくしたいんやったら、真っ先に思いつくのは「消音器」っていう器具や。名前の通り、ギターの音を小さくするためのもんで、取り付け方に2パターンあるわ。

ブリッジに挟むタイプのやつと、

サウンドホールにはめ込むタイプのやつや。

「ブリッジ」ってのは、ギターのお尻側で弦を留めてる部分のこと。「サウンドホール」ってのはアコギの真ん中に空いとる穴のことやで。

アコギ っちゅう楽器は、弦を振動させて起こした音を、ギター本体んなかで響かせることでデカくしとるんやな。ギター本体ん中に音を送り込む入り口がサウンドホールや。やから、音を小さくするには

①弦の振動を小さくする

②サウンドホールを塞ぐ

の2種類の方法があるんやな。いうまでもなく、ブリッジ挟み込みタイプは①、サウンドホールはめ込みタイプは②の原理で消音しとる。

ブリッジタイプのやつは、弦の振動を直接抑えるから、消音効果がデカいのがメリットや。

サウンドホールタイプのやつは、弦に圧力がかからへんから、なんもつけてへんときと同じ感覚で練習できるのが長所やな。

世の中にニーズがあるもんは、絶対誰かが商品化しよる。この消音器も、その典型的な例や。

タオルとかを挟む

さっきのブリッジタイプ消音器と同じことやねんけど、ブリッジにタオルとかを挟んでも消音効果がある

消音器の代わりにタオルを挟んどるだけやな。タオルの他に、チラシとか新聞紙を弦の間に編みこむように挟んでやってもええ感じやで。

とりあえず家にあるもんで手軽に試せる点がナイスや。難点は、しょっちゅう外れてまうからポジション直しが必要な点やな。あと、見た目は絶望的にダサい。まぁこれつけて人前で弾くことはないやろうからそこは大丈夫やろ。

手軽に今すぐ!なら、タオルか雑紙を挟んどけ。ポジずれとルックスには注意や。

柔らかピックを使う

ギターになんもひっつけたくない、という素材派思考の人は、柔らかいピックを使ってみたらどうや。弾き心地はそれほど変わらず、音量だけセーブできるで。ただ、消音効果はそれほど劇的ちゃうけどな。消音というよりは音量ダウンや。

これも原理としては①。ピックが弦の張力に負けてしなるぶん、弦がいつもより震えへんようになるんやな。

「サイレントピック」っていう消音専用の商品もあるし、

通常のピックのうち薄いものを使ってみても大丈夫や。分厚さ的には0.5mm以下、英語表記やと「Thin」って書いてあるやつやな。

ピックがしなって滑らかにピッキングできるから、弦をかき鳴らす感覚をつかむのにも効果的や。ただ、あくまでもボリュームダウン程度やから、夜間の練習には向いてへんっていうのは忘れたらあかんで。日中の練習に使ってな。

まとめ

この記事では、マンションやアパートに住んでてもご近所さんに迷惑をかけずにギターを練習するための方法を3つ紹介してきた。

その3つってのは

・消音器をつかう

・タオルや雑紙を挟む

・柔らかいピックを使う

やったな。

これを知ることで、「案外家でも練習できるやん!」って思ってくれたんちゃうか。隣人に壁ドンされずに練習することができて、ご近所づきあいとギター上達を両立できるようになるで。

でも、一番大事なんは根っこの部分の配慮や。時間帯とかシチュエーションによったら、今回の対策では全然意味ないこともあるからな。

「いつもより静かに弾けてるから迷惑かかってへんはずや」「文句を言われへんから大丈夫や」みたいな考えはクソやで。集合住宅に住む以上、騒音か否かは自分基準じゃなくて相手基準や。あ、別に1軒家でも同じことやな。

まぁとにかく、近隣からも愛されるギタリストでありたいもんや。

ほな、最後まで読んでくれてありがとうございました。

引き続き、一緒にギターとご近所さんを愛していきましょ~う!

関連ページ