【準備は無駄】震える〜!ライブ 前の緊張への対処法【実体験】

 
Pocket

ようこそお越しくださいました。

サラリーマンをしつつ実はギター 講師を目指している、四七廉太郎(よな れんたろー)です。

「練習の成果を披露したいけど、想像するだけで緊張するから無理やわ…」

「何回かライブしてるけど、毎回緊張してミスばっかやわ…」

「来週初ライブやねんけど、緊張しすぎてヤバい!」

など、ライブでの緊張に悩んでいるかたは多いかと思います。

でも、ライブに対する緊張には、上手な対処法があることに気がつきました!

これを知ってから、私は人前で演奏する際に過度の緊張をすることがなくなりました。「どんどん人に聴いてもらいたい!」と思えるようになり、ギターが一層楽しくなったんです。

この記事では、お客様の前で演奏するなんて考えるだけでも心臓バクバク!な私が発見した、緊張を乗り越え、味方につけるための方法をシェアします。

あなたの楽しいライブライフのスタートに向け、お役に立てば幸いです!

いくら準備してたって緊張する

ライブでの緊張をおさえるための方法としてよく紹介されるのが、「準備を万全に整えておく!」というものです。

「練習を繰り返して、演奏し慣れた曲を披露するようにしましょう」「入念にイメトレをして、当日の流れを頭にインプットしておきましょう」とか。

でも、準備だけに頼っていては、いつまでたっても緊張から逃れることはできません

たとえば、自宅ではスラスラ読める国語の教科書も、教室で先生に指名されてクラスメイトの前で読まされると、なぜか噛んでしまったり早口になってしまったりしませんでしたか?もしくは、喉の奥から「ぐぷっ」みたいな音が鳴って恥ずかしい思いをしたり…笑

家では難なく読めているということは、準備不足が原因とは思えませんよね。音読そのものへの準備はしっかりできているといえるのに、なんで緊張してしまうんでしょう。これには、2つの理由が考えられます。1つは、人前で音読することに慣れていないこと。もう1つは、「読み間違えたくない!」と強く思いすぎていることです。

逆に言えば、この2つがクリアできていれば、準備が万全でなくてもリラックスして望めます。

人前での演奏経験蓄積のススメ

緊張してしまう1つめの原因「人前での演奏に慣れていない」を解消するためには、どうすればよいのでしょうか。最もオススメなのは、「オープンマイク」というイベントに参加してみることです。

オープンマイクとは、その名の通り「マイク開放」という意味。バーやライブハウスなどで飛び入り参加できるライブイベントのことです。

「ライブ」というよりも「音楽好きの集まり」といった雰囲気で、会社帰りのサラリーマンや近所のおっちゃんおばちゃんが変わりばんこに演奏していきます。初心者のかたも比較的多く参加されている傾向があり、参加費が1000円前後と安価であることが多いのもオススメポイントです。

私が初めて人前で弾き語りをしたのも、オープンマイクイベント。事前の予約も不要で、先にお店に入った人から好きな演奏順を選んでいきます。特徴は、なんといってもアットホームな雰囲気!当然緊張しましたが、その雰囲気の良さに味を占め、それ以来いろんなお店に出かけるようになりました。

人前で演奏することに慣れるために、まずはオープンマイクに挑戦してみましょう!

緊張を味方につける思考法のススメ

失敗なんかそもそもない

音読の例でもありましたが、緊張するのは「失敗したくない」と強く思いすぎることが原因です。でも、「失敗」ってそもそもなんやねん!と考えてみると、少し気が楽になります。ちょっと一緒に考えてみましょう。

ライブを観に来られているかたは、ミスのない演奏を聴きたいのでしょうか。音程の外れていない歌を味わいたいのでしょうか。あなたがお客さんの立場だったら、答えはきっとNOのはずです。ライブには、演奏の正確さは必ずしも必要ではありません。

「そんなん気休めや!」とか「それはアマチュアの甘えやん。私はプロになりたいねん!」といった反論があるかもしれません。でも、プロのライブだって一緒です。いや、むしろ、お客様からお金をいただくプロのライブであれば一層、「正確さ」ではない魅力を重視するべきです。

お客様は、何のためにライブに来ているのでしょうか。わざわざチケットを買って、ライブ会場まで出向いて、貴重な時間を使って。一体なぜ?

根源的なところをいうと、お客様は「楽しい時間を過ごす」ためにライブに来ています。生の音を聴く快感、目の前で演奏している姿を観る興奮、会場で味わえる一体感…

ライブでしか味わえない魅力を体験しに来ているんです。

音読の例に戻ると、読み間違えてもそれを笑いに変えられる人っていましたよね。これこそが、ライブの良さです。

ミスをしてお客様を笑わせましょう、という意味ではありません。ミスをしたとしても、それ以上に会場の雰囲気を楽しくさせることができるなら、それは失敗ではないんやで、ということです。逆にいうと、めっちゃ正確な演奏だったとしても、会場を不快な空気にするような態度をとっていれば、大失敗です。演奏中に物音を立てたお客様を睨みつけたりとか笑

「この曲好きで好きでたまらないんですよ〜」って感じで楽しそうに演奏しているあなたを見れば、お客さんも楽しくなります。歌詞をミスってようがヘンテコなコードを弾いてようが、ぜーんぜん気になりません。気付きません。

結局は、自分が楽しめているかどうかが大事です。それが、周りの人たちを楽しませ、会場の雰囲気をナイスな感じにすることにつながります。演奏のミスは、失敗ではありません。

緊張って案外味方かもしれん

もしかしたらあなたは、「緊張したらあかん!」とご自身にプレッシャーをかけすぎているのかもしれません。でも実は、緊張ってそんなに悪いものではないんです。

「あー、出た!逆をつく意見的なやつ!」と胡散臭さを感じたかもしれません。でも、これはガチです。適度な緊張が、迫力を生んでくれます。

私の初めてのオープンマイク体験は、楽しいながらも緊張しっぱなしの20分でした。演奏が終わると、いろいろな人から「兄ちゃんの演奏、良かったわ〜」と声をかけていただけました。でも、いろんなカフェやバーでの演奏を経験し、人前でも緊張しなくなってくると…。言わずもがなです。

緊張感は、火事場の馬鹿力を引き出すファクターになり得ます。受け入れてもらえるかわからない不安のなかで「もうどうにでもなれやぁ〜!」と繰り出す音には、説得力があるんです。安定感の代わりに、鬼気迫る躍動感が生まれます。

緊張は、あなたの演奏に凄みを加えてくれる強力な味方。そう考えると、むしろ緊張したモン勝ち!どっちに転んでも大成功ですから、恐れる必要はありません。

まとめ

ここまで、

・事前準備が万全でも、緊張はなくならない

という前提のもと、ライブに臨む際の緊張への対処法を2つお伝えしてきました。

それは、

・オープンマイクで場慣れする

・「みんなで楽しむことこそが成功」「緊張は強力な味方」と考える

というものでした。

これらを知って実践することで、ライブへの恐怖感がなくなっていきます。

そして、あなたの持ち味を存分に発揮した魅力的なパフォーマンスができるようになります。ガチです。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

引き続き一緒に、ギターとライブを愛していきましょう〜!

関連ページ