難しい・できない…Fコード!初心者に捧ぐ練習のコツ5つ(押さえ方・弾き方)

 
Pocket

ようこそお越しくださいました。
ギター大好きサラリーマンの、四七廉太郎(よなれんたろー )と申します。

弾けないコードが出てこない曲ばかりを選んで練習するのはもうごめんだ!」
本当に弾きたい曲を思いのままに弾きたいんや!」

そう決意したあなたは今まさに、険しい峠を越えようとされています。
ギターが「部屋のインテリアと化す」か「生涯のパートナーとなる」かの分かれ道、
「Fコード」という峠です。
「初心者粉砕コード」との悪名高きこの「Fコード」を返り討ちにするには、
5つの重要なポイントがあります。

これらを知ることで、Fを恐れることなく、好きな曲が弾けるようになります。
それではさっそく、F攻略のための5つのコツを見ていきましょう。

▽記事の内容は動画にもしています。ぜひご覧ください▽

Aコードから練習して感覚をつかむ

Fを弾くために、まずはAを練習しましょう。
「なに言うてんねん、Aは弾けるわ!」と怒らないでください。
ここでいうAは、いわゆるオープンコード


ではなくて、6弦ルートの形です。
試しに押さえてみましょう。Fと全く同じ指の形です。
でも、Fよりもほんの少し楽に押さえられる気がしませんか?

これは、1フレット付近よりも5フレット付近の方が、
ギターが弦を引っ張る力が弱いためです。

長縄も、端っこより中央付近の方が跳びやすいですよね。…まぁそんな感じです。
まずは6弦ルートのAを練習して、Fの指の形で弦を押さえる感覚をつかみましょう。

人差し指を少し曲げて側面で押さえる意識を持つ

ピンと伸びた姿勢は、自信に満ち溢れていて魅力的ですよね。
ただ、Fを押さえるときには人差し指はまっすぐじゃだめなんです。少し猫背気味にしてください。これは、人差し指がまっすぐ伸びていると、1、6弦のどちらかが押さえにくくなるからです。

ご自身の右手首をギターに見立てて実験してみましょう。
まっすぐだと隙間ができてしまいますが、

猫背にすると、隙間がなくなりました。


また、このとき人差し指の側面で右手首に寄りかかるような姿勢になっている点にも注目してください。猫背かつ、壁にもたれかかっているような感じでしょうか。
このように、人差し指を少し曲げて、力が加わりやすい形を作りましょう。

脇を締めて内側に絞り込むイメージを持つ

いくら力が加わりやすい形を作ったとしても、人差し指の力には限界があります。
そこで、脇を締めて肘を絞り込み、上半身全体の力を借りてみましょう。

 

 

 

 

人間の身体の構造上、内側に絞り込む動作を行うと、力は入りやすくなるっぽいです。
たとえば、スポーツをされている方は、
「脇を締めろ!」と指導されたご経験があるのではないでしょうか。
ボクシングでパンチを打つときや、野球でバットを振るときなど…。そんな感じです。

ギターも、まぁスポーツみたいなもんです。
脇を締め、肘から絞り込むイメージで、効率的に力を伝えましょう。

親指で猛烈プッシュする

人差し指で押さえ込む力には限界があります。
ここでちょっと視点を変えて、親指でネックを押し上げるイメージをしてみましょう。

ネックの裏側からも力を加えることで、表側からのみ押さえる場合よりも強い力を伝えることができます。
当たり前のようですが、案外盲点になっているのではないでしょうか。

自分が苦しいときには、支えてくれる人の存在をついつい忘れてしまいがちです。
でも、あなたは一人ではありません。影で支えてくれている人がいるんです…みたいな。
確かに人差し指は苦労していますが、しっかりサポートしてくれる親指がいることを思い出してください。

親指からも積極的に力を加え、ネックの表裏両面から挟み込む意識を持ちましょう。

人差し指が押さえるべき弦は、実は3本だけなのだと理解する

親指だけではありません。横を見渡すと、人差し指をサポートしてくれる仲間は他にもいます。中指・薬指・小指です。それぞれ、3弦・5弦・4弦を押さえてくれていますね。

このことに気づくと、人差し指が担当するのは1弦・2弦・6弦だけだということがわかります。つまり、「1弦・2弦・6弦のうち綺麗に音が鳴らない弦」に意識を集中でき、ピンポイントに力を加えられるようになります。
職場の課題解決をする際、全員が漠然と不安を感じていても問題解決はできません。
各自がそれぞれの持ち場に全力を尽くすことが大切。そんなイメージです。

3弦は中指、4弦は小指、5弦は薬指に任せて大丈夫。
人差し指は、1弦・2弦・6弦の3本のうち、うまく鳴らない弦を押さえることに集中しましょう。

おさらい

ここまで、Fコード習得のコツを5つご紹介してきました。
その5つとは

・6弦5フレット(Aコード)から練習してコツを掴む

・人差指を軽く曲げて、側面で抑える意識を持つ

・脇を締めて、肘を内側に絞り込むイメージをする

・ネックの裏から、親指で力強くサポートする

・人差指は1・2・6弦だけを担当しているのだと気づく

でしたね。

この5点を知ることで、「絶対無理やんけ!」なコードだったFが、「頑張れば攻略できそうやな…」くらいになります。
Fを味方につければ、弾ける曲の選択肢がぶわぁ〜〜っと広がりますよ。
あなたのギター人生における大きなパラダイムシフトのひとつです。頑張って!

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。
これからも一緒に、ギターを愛していきましょう!

 

関連ページ