【知識編】ギターでドラム「スラム奏法」とは?基礎知識を解説!

 
Pocket

こんにちは。

ギター大好きサラリーマンの、四七廉太郎(よなれんたろー)や。

「なんやあいつ!ギター弾きながらチャカポコチャカポコ音鳴らしてるで…!」「あの右手でギターをバシバシしばき倒す弾き方、一体なんなんや!」

それは、スラム奏法っていう弾き方やねん。

今はただ単に「うわ~…すっごい」っていう感覚かもしらんけど、「どんな効果のあるテクニックなんか」「何を参考に練習すればええんか」を知ると、「ちょっと挑戦してみよかな!」と思えるはずや。特殊なテクニックなぶん、身につければ今度はあなたが「うわ~…すっごい」と思われる番やで。

今回は、スラム奏法について何もわからへんからとりあえず基礎知識をつけたい!何を参考にしたらええんか知りたい!っていう勉強熱心なあなたに向けた記事や。ほないきましょか。

▽「基礎知識はもう知っとんねん!俺は実際に練習したいんや!」というかた向けに、実践編の記事も書いております。こちらは丁寧な口調です笑
【分解で理解】スラム奏法初級者が初心者に解説。ギター叩きのコツ

https://yonaren.com/slam4beat.html

1、スラム奏法とは

「スラム奏法ってそもそもなんやねん⁉︎」めっちゃ簡単にいうと、「ギターを叩いてドラムっぽい音を出しながらギターの音も出す」っていう弾き方や。1人2役やな。

これは、ペッテリ・サリオラっていうフィンランド人が編み出した奏法や。当然、この人が名付けの親やな。「slam」っていう単語がどういう意味なんか辞書で調べてみたら、「to hit or attack someone or something with a lot of force」「if a door, gate etc slams, or if someone slams it, it shuts with a loud noise」って書いてあったわ。つまり、「力一杯叩く」とか「ドアをピシャッと閉める」っていう意味の言葉なんやな。てっきり、サリオラ兄さんがスラム街出身やからかと思ってたわ。スラム街の「スラム」は「slum」。綴りが違うんやな。

サリオラ兄さんの演奏を見てみよか。ベースのスラップ奏法とかギターのヒッティング奏法からヒントを得て、ドラムセットのいろんな太鼓を叩いた時の音を再現しとるんやな。スラップってのは、親指で弦を叩いて「バチンっ」「ブリンっ」みたいな音を出すテクニック。ヒッティングってのは、ギターのお腹とかを指で叩いてリズム感を出すテクニックや。この2つを組み合わせてるってのがポイントやで。

バスドラム(大太鼓)みたいな「ボスッボスッ」っていう低い音は、掌底でギターのボディを叩いて出してる。スネアドラム(小太鼓)みたいな「タンッタンッ」って音は、指先で指板を叩いて出してるんやな。当然やけど、その合間に指ではじいたり払ったりするような動きでギターの弦もかき鳴らしとる

スラム奏法ってのは、ドラムとギターを1人2役でこなす、っていうびっくりテクニックなんや。

2、初心者でもできる?

「ギター初心者やねんけど、スラム奏法から練習してもええんか?」って気になる人もおるかもしれんな。まぁ、通常のジャカジャカ弾きがある程度できるようになってから練習した方がええと思うで。

というのも、スラム奏法は「右手にめっちゃ意識持っていかれる弾き方」やねん。色々叩いたりするからな。つまり、左手でコードを押さえる練習には、あんま脳のリソースを割けへん。

例えるなら、左手で髭剃りしながら右手で髪の毛のセットをするようなもんや。スラム奏法の右手の難易度が髪セットレベルなら、通常のジャカジャカ弾きの右手は、歯磨きくらいの難易度や。髭剃りと歯磨きなら、まだなんとか同時にできそうやろ。髭剃りしながらの歯磨きに慣れてきてから、つまり、無意識に近いレベルで髭剃りできるようになってから、髭剃りしながらの整髪に挑戦するんや。この例え、逆にややこしいかもしれんな。

まぁなんせ、ある程度ギターに慣れてから挑戦するのがおすすめや。

おすすめの動画(いのけんさん)

いざスラム奏法に挑戦や!となったら、参考にしてほしいのは「いのけん」さんっていうギタリストの解説動画や。

俺も、いのけんさんの動画を見ながら練習したで。とにかく、めっちゃわかりやすい。あと、口調が丁寧やから見てて気持ちええぞ。

何本か解説動画をアップしてくれてはるけど、オススメは

「4ビート・8ビート」

「4ビート応用編」

「もうちょい応用」

「16ビート」

の順に見ることや。これ以外に、オリジナル曲とかも公開してはる。「弾けるようになったらこうなるんや~」ってイメージできるから、モチベーション上がると思うで。

当時高校生っていうから驚きやな。どんだけ落ち着いた高校生や…。いのけんさんを信じろ。

まとめ

ここまで、スラム奏法の基礎知識と参考情報について紹介してきたな。おさらいすると、

・スラム奏法ってのは、ドラムとギターの1人2役奏法。

・初心者は、ある程度左手の使い方がこなれてきてから練習した方が良い

・いのけんさんの動画はめっちゃわかりやすい

って感じや。

スラム奏法についてしることで、挑戦してみたいと思えるはずや。これが弾けるようになれば、周りから一目置かれること間違いなし。それ以上に、ビートに乗ってる感が出るから、自分で弾いててめっちゃ気持ちええぞ。

いのけんさんの動画がハイレベル過ぎやな、と思ったら、俺の解説記事も参考にしてほしい。俺自身がスラム奏法練習中やから、よりあなたに近いレベルの存在や。身近な感じで見てもらえるんちゃうか。

ほしたら、最後まで読んでくださってありがとうございました。

引き続き、一緒にギターを愛していきましょね~!

関連ページ