ギターのカッタウェイってなんやねん!メリット・デメリットも解説!

 
Pocket

こんにちは。

ギター大好きサラリーマンの四七廉太郎(よなれんたろー)です。

ギターについて調べていると、いろいろ面白い響きの言葉に出会うことがありますよね。そのうちの一つが「カッタウェイ」

「最近ギターを購入した人の喜びを表現してるんかな?」と思われた方もいらっしゃるのでは。「買った!うえーーいい!」…ってそう間違える方が難易度高いわ!

この記事では、謎の言葉「カッタウェイ」の意味からメリットデメリットまで、需要があるのかないのかわからない内容を書き連ねていきます。

これを知っておくことで、ちょっとギターに詳しくなった気分が味わえるかもしれません。あとは、ギター選びの際の参考にもなるんちゃうかな。

まぁとりあえず見ていきましょう!

「カッタウェイ」=「齧られたとこ

「カッタウェイ」って何なのかというと、ギターの形のことなんです。

頭(胴体?)のところが齧られたみたいになってるアコギを見たことありませんか?

そう、この動画でお兄さんが右手(画面左側)に持っているみたいなやつです。

この齧られギターが「カッタウェイ!」

これは、関西弁の「齧られたわい」からきています

ウソです英語です。「cut away」つまり、「切り取ってどっかにやった」ということ。ギターの頭のとこを切り取って、その部分の木材は転売するなり薪にするなりして、どっか別のところにいってしまっているんですね。

下のイラストを見てください。ここまで読んだあなたなら、どのギターが「カッタウェイ」ありなのかすぐに見分けられるはずです。

イラスト

ストラトキャスタータイプなんかすごいですよね。左右どっちも削られちゃってますから。

カッタウェイのデメリット

カッタウェイのデメリットは、「そのまま弾いた時の音がしょぼくなる」ということ。「そのまま」っていうのは、アンプなどにつながずに生の音で弾くときっていう意味です。

冒頭のイラストではアコギを例に出してますが、大抵のアコギって丸っこい頭をしてますよね。何も削られてないまんまるの。

これはなんでかというと、アコギっていうのはボディの中のスペースをできるだけデカくしたい楽器だからです。空気を振動させることによって音を増幅する楽器であるアコギにとって、頭が削り取られて空洞が小さくなるのはダメージでかいんです。音が小さくなったり、響きが浅くなったりしますからね。

じゃあこの記事の冒頭で出てきたアコギは何なん⁉︎とお思いでしょう。

実はあれはアコギではなく、「エレアコ」って呼ばれる種類のギター。「エレクトリック・アコースティックギター」の略で、アンプにつないで弾けるアコギです。

▽エレアコについてはこちらでも解説しています。

【エレアコとアコギ】違いは?初心者にオススメはどっち?

アンプで音を増幅することを前提に作られているから、少々頭が齧られていても平気なんですね。

エレキギターは言わずもがな。アンプなしの使用は想定してませんからね。ギター単体で音を響かせなあかんと考えてないので、そもそもボディに穴すら空いてません。

このように、「アンプなどにつながずに生の音で弾くときの音がしょぼくなる」っていうのがカッタウェイのデメリットです。

カッタウェイのメリット

じゃあカッタウェイのメリットは?というと、

・見た目がシャープでかっこいい

・高音域での演奏がしやすい

の2点だと思います。

まぁ見た目は好みの問題として、2点目は結構重要です。表現の幅に直結しますからね。

ギターというのは、1フレット2フレット3フレット…とフレットが進んでいくにつれて高い音が出るようになります。カッタウェイなしのギターだと、12フレット以降に手が届きにくくなり、けっこう苦しい…。

カッタウェイは、その問題を解決してくれるんですね。カッタウェイありだと、格段に手が届きやすくなるからです。ちなみに、特に定義はありませんが、だいたい12フレット以降のことを「ハイポジション」って呼んだりします。

見た目のかっこよさとハイポジションの弾きやすさ。これが、カッタウェイありのギターのメリットです。

まとめ

ここまで、謎の言葉「カッタウェイ」について解説してきました。

・「カッタウェイ」とは頭が齧られてるようなギターの形のこと

・生の音がしょぼくなるので、アコギにとってはデメリットでかい

・かっこいいしハイポジションが弾きやすいので、エレキ・エレアコにメリット大

こんな感じです。

明日から、頭がえぐられてるギターを見かけたら、ドヤ顔で「カッタウェイ」って言いまくってください!ちょっとギターに詳しくなった気になれますよ。

それでは、最以後までお読みいただきましてありがとうございました!

引き続き、一緒にギターを愛していきましょう!

 

関連ページ